top of page

腎機能異常とは?健康診断での指摘について

こんにちは、浅川クリニックのブログへようこそ。今回は、健康診断で腎機能異常が指摘された際の状況に焦点を当て、理解と対処法についてお話しいたします。



腎臓


腎機能異常とは?


腎機能異常は、腎臓の機能が正常ではない状態を指します。腎臓は体内の余分な物質や老廃物をろ過し、尿として排泄する重要な器官です。腎機能が異常をきたすと、体内の水分や電解質のバランスが崩れ、さまざまな健康問題が引き起こる可能性があります。




健康診断での指摘


血液検査結果

健康診断において、血液中のクレアチニンや尿素窒素の値が異常に高い場合、腎機能に問題がある可能性があります。ただし、体調や体格・普段の運動の状況・サプリメントの使用などで、実際には正常にもかかわらず異常値として検出されることもあります。


尿検査結果

尿検査において、たんぱくや赤血球が異常に多く検出される場合、腎機能に関する問題があるかもしれません。腎臓以外にもおしっこの通り道(尿管・膀胱・尿道など)の異常による尿所見の場合もあります。その際には泌尿器科での検査や治療が必要になることもあります。また、尿検査異常は使用されている薬物や食事の摂取状況にも左右されることがあります。




理解と対処法


専門医の診断

健康診断の結果が気になる場合は、腎臓専門医や内科医に相談しましょう。追加の検査や詳しい診断が必要となります。


生活習慣の見直し

健康な生活習慣は腎機能をサポートします。適切な水分摂取、バランスの取れた食事、適度な運動などが重要です。


薬物療法

一部の腎機能異常は薬物療法によって管理できる場合があります。ただし、適切な薬物の使用には医師の指導が必要です。


フォローアップ検査

腎機能異常が指摘された場合、定期的なフォローアップ検査が必要です。これにより、状態の進行や治療の効果をモニタリングできます。




まとめ


腎機能異常の指摘は真剣に受け止める必要がありますが、適切な対処法と専門医のサポートを受けることで、管理や改善が期待できます。気になる症状や結果があれば、迅速な医療相談が重要です。

何かご質問や疑問がありましたら、当クリニックまでお気軽にご相談ください。


bottom of page