top of page

防風通聖散と便秘 漢方薬のアプローチ

更新日:2月4日

こんにちは、浅川クリニックのブログへようこそ。今回は、防風通聖散と便秘に焦点を当て、漢方薬のアプローチで便秘を緩和する方法についてお話しいたします。



便秘の女性


防風通聖散とは?


防風通聖散(ぼうふうつうせいさん)は、古くから中国の伝統的な漢方薬として知られています。様々な天然成分が含まれており、風邪や体調不良の緩和に利用される一方で、腸の働きを整え、便秘にも働きかけることが期待されています。




便秘へのアプローチ


腸の動きを促進

防風通聖散には、体のバランスを整え、腸の動きを促進する成分が含まれています。これにより、便秘の解消が期待されます。


体質や症状に合わせた利用

便秘の原因や程度は個人によって異なります。防風通聖散の利用に際しては、体質や症状に合わせて、医師や漢方専門家の指導を受けることが重要です。


適切な用法・用量の確認

防風通聖散の使用に際しては、適切な用法・用量を守ることが大切です。医師の指示に従い、安全かつ効果的な利用を心がけましょう。




注意点と留意事項


医師の指導を受ける

漢方薬の利用は個人差が大きいため、便秘に悩んでいる方はまず医師に相談し、適切な治療法を見つけることが大切です。


副作用やアレルギーの確認

防風通聖散には副作用やアレルギー反応がある場合があります。使用中に異常を感じた場合は、速やかに医師に連絡しましょう。


生活習慣の見直し

防風通聖散だけでなく、健康的な食事や適切な運動、十分な水分摂取も便秘改善に寄与します。生活習慣の見直しも同時に検討しましょう。




ワンポイントアドバイス

防風通聖散の長期内服で腸が黒くなる?


ずっと長い間、便秘で下剤を使い続けている患者さんに大腸カメラをすると、腸の色が変わっていることがあります。これを大腸メラノーシスと言います。

色素の正体はリポフスチンと言って、大黄(ダイオウ)など刺激性の下剤で腸管の細胞が死滅し、それをマクロファージが食べることで、この色素が合成され沈着します。

ただ単純に色素が沈着しているだけではなく、このような状態になると、大腸の運動に係る神経も損傷を受けて、腸の緊張がない弛緩性便秘と言われる状態となります。

「やせ薬」として一時期もてはやされた、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)には大黄(ダイオウ)という成分が入っており、これが大腸メラノーシスの原因となります。




まとめ

防風通聖散は漢方薬として広く知られ、便秘緩和の一環として利用されています。しかし、安全かつ効果的な利用のためには医師の指導が不可欠です。ご自身の体調や症状に合わせて適切なアプローチを見つけるためにも、専門家との協力が大切です。

何か質問や疑問があれば、当クリニックまでお気軽にご相談ください。


bottom of page