top of page

帯状疱疹ワクチン 痛みと痒みから患者様を守る一助


こんにちは、浅川クリニックの副院長、浅川貴介です。

今回は、帯状疱疹ワクチンについてお話しいたします。帯状疱疹は痛みや痒みを伴う疾患で、高齢者や免疫が弱まっている方々に特に注意が必要です。ワクチン接種は、症状の予防や軽減に効果がありますので、ぜひご一読ください。


帯状疱疹の男性


帯状疱疹とは?


再活性化した水痘ウイルス 帯状疱疹は、水痘にかかったことがある方で、ウイルスが再活性化することで引き起こされます。再活性化したウイルスが神経組織を侵害し、症状を引き起こします。


帯状の痛みと発疹 症状は、体の一側に帯状に広がる痛みやしびれ、かゆみを伴う発疹です。これは感染が神経に影響を与えるためです。


高齢者や免疫低下患者への影響 特に高齢者や免疫が低下している方々では、合併症が生じやすくなります。神経痛や皮膚の損傷が起こることがあります。





帯状疱疹に対する治療


帯状疱疹の治療は、主に以下の点に焦点を当てています。


抗ウイルス薬の使用 早期に抗ウイルス薬を使用することで、症状の軽減や継続時間の短縮が期待できます。特に症状が始まったら、早めの医療相談が重要です。


痛みの管理 痛みやかゆみの管理が重要です。鎮痛薬や抗てんかん薬などが処方されることがあります。


予防接種の検討 高齢者や免疫が低下している方には、帯状疱疹ワクチンの接種が推奨されています。これにより、再発を予防し合併症を軽減できます。





当クリニックでの帯状疱疹治療


当クリニックでは、帯状疱疹に対する早期の診断と治療を提供しています。

患者様一人ひとりに合わせた治療プランを検討し、症状の軽減や合併症の予防に努めています。帯状疱疹に関するご不安や症状がある方は、ぜひ一度当クリニックにご相談ください。早期の治療や予防接種を通じて、患者様の健康な日常をサポートできるように心がけております。お気軽にお越しください。




帯状疱疹ワクチン


帯状疱疹ワクチンの重要性


発症のリスク低減

帯状疱疹ワクチンは、感染リスクを低減し、帯状疱疹の発症を予防する役割があります。ワクチン接種により、再活性化された水痘ウイルスの症状が軽減されることが期待されます。


合併症の予防: ワクチン接種は、高齢者や免疫が弱まっている方々において合併症を予防する効果があります。特に、帯状疱疹による神経痛や皮膚の損傷を軽減することが重要です。


痛みや痒みの軽減: 帯状疱疹ワクチンは、発症を予防するだけでなく、症状の軽減にも寄与します。痛みや痒みの軽減は、患者様の生活の質を向上させる助けとなります。





当クリニックでの帯状疱疹ワクチン接種


当クリニックでは、帯状疱疹ワクチンの接種サービスを提供しております。

接種は簡単で、通常は上腕部に行います。ワクチン接種には年齢や健康状態による適応がありますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

高齢者や免疫が弱まっている方々、または帯状疱疹に関するご不安がある方々に、ワクチン接種の効果や安全性について詳しく説明いたします。お身体の健康を守るために、ぜひ一度ご相談ください。

帯状疱疹から患者様を守るために、ワクチン接種を検討されている方々にとって、このワクチンは有益であり、重要な選択肢となります。どうぞお気軽にお問い合わせください。




脳梗塞の男性


ワンポイントアドバイス

帯状疱疹が脳梗塞の原因になる?


帯状疱疹の感染後に、身体の中で血管の炎症が生じます。そしてこの血管炎が、脳に発生してしまうと脳梗塞を起こすことがあります。

血管炎の原因の1つは免疫の活性化状態が変化し、全身の血管の炎症を誘発するのではないかとの結論と、もう1つはウイルスが、実際に脳の血管で増殖して炎症を起こす、というものがあります。

帯状疱疹は全身に起こる病気ですが、顔面の三叉神経、特に眼神経と呼ばれるその第一枝に起こると、角膜炎や頭痛などの症状を引き起こすだけでなく、脳に近いためにウイルスによる炎症も起こり易く、脳梗塞の事例も多いと考えられています。




次回の更新もお楽しみに。健康な未来のために、一緒に歩んでいきましょう!

bottom of page