top of page

糖尿病のけ 境界型糖尿病とは?原因、症状、予防方法

更新日:4月5日

健康診断やクリニックを受診したときに、糖尿病の『け』があると言われたことはありませんか?境界型糖尿病(英語で「Prediabetes」)は、糖尿病の前段階として知られています。これは、通常の血糖値よりも高いが、まだ糖尿病と診断されるほど高くない血糖値が特徴です。糖尿病の前段階としても知られており、早期の介入と適切な管理が重要です。



境界性糖尿病


境界型糖尿病の原因


境界型糖尿病の原因は、主に生活習慣に関連しています。以下はその一部です。


肥満

過体重や肥満は、インスリン抵抗性を引き起こす可能性があります。


運動不足

運動不足は血糖値を上昇させ、境界性糖尿病のリスクを高めることがあります。


食生活

高カロリー、高脂肪、高糖度の食事は、血糖値の上昇を引き起こす可能性があります。


遺伝的要因

家族に糖尿病の既往がある場合、境界性糖尿病のリスクが高まります。




境界型糖尿病の症状


境界型糖尿病には特定の症状がない場合がありますが、以下の症状が現れることがあります。


多尿

高血糖により腎臓の機能が刺激され、尿量が増加することがあります。


多飲

高血糖により体が水分を失い、口渇を引き起こすことがあります。


体重減少

血糖値の不均衡により、体重が減少することがあります。




境界型糖尿病の問題点


糖尿病のリスク増加

境界性糖尿病は、将来的に糖尿病になるリスクを高めることがあります。実際、多くの人が境界性糖尿病から糖尿病への移行を経験しています。


心血管リスクの増加

境界性糖尿病は、心臓血管疾患や脳卒中などの心血管リスクの増加と関連しています。高血糖は血管に損傷を与え、動脈硬化を促進する可能性があります。


代謝異常

境界性糖尿病は、インスリン抵抗性や脂質異常などの代謝異常を引き起こす可能性があります。これにより、体内のエネルギー代謝や脂質代謝が崩れ、さまざまな健康問題が引き起こされる可能性があります。


生活の質の低下

境界性糖尿病は、生活の質の低下や健康上の不安を引き起こす可能性があります。血糖値の変動や症状の出現により、日常生活に支障をきたすことがあります。


合併症のリスク

境界性糖尿病は、糖尿病の合併症のリスクを増加させることがあります。これには心臓病、腎臓病、眼の病気、神経障害などが含まれます。



糖尿病 食事療法


境界型糖尿病の予防と管理


バランスの取れた食事

食事は血糖値に直接影響を与えるため、バランスの取れた食事が重要です。野菜、果物、全粒穀物、健康な脂肪(オメガ-3脂肪酸含有の魚など)、良質なタンパク質をバランスよく摂取しましょう。炭水化物や糖分の摂取を制限することも大切です。


定期的な運動

運動は血糖値をコントロールし、インスリンの効果を改善するのに役立ちます。有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど)や筋力トレーニングを週に数回行いましょう。医師の指示に従って適切な運動プログラムを選択しましょう。


体重管理

過体重や肥満は血糖値の上昇につながるリスク因子です。適正体重を維持するために、バランスの取れた食事と運動を組み合わせて、健康的な体重を目指しましょう。


ストレス管理

ストレスは血糖値を上昇させることがあります。リラックスするためのストレス管理技術(深呼吸、瞑想、ヨガなど)を取り入れ、ストレスを軽減しましょう。


定期的な健康チェック

定期的な健康チェックは血糖値のモニタリングに役立ちます。医師の指示に従い、定期的に血糖値や健康指標(血圧、コレステロールなど)をチェックしましょう。




ワンポイントアドバイス

境界型糖尿病は治る?


ひとたび糖尿病になると、残念ながら治ることはありません。インスリンを分泌する膵臓の細胞が、壊れてしまうからです。しかし、境界型糖尿病の段階であれば、食生活や運動などの生活習慣を改善することで回復する可能性があります。生活習慣の改善には自身の努力はもちろん、適切なアドバイスや動機付けをしてもらえる環境も大切となります。健康診断で糖尿病の可能性を指摘された方はもちろん、日常生活の乱れを自覚していて、「糖尿病の症状かもしれない…」と気づかれた方は、早めに受診することをお勧めします。




まとめ


境界型糖尿病は糖尿病の進行を防ぐために、早期の予防と適切な管理が重要です。生活習慣の改善や定期的な健康チェックを通じて、健康な生活を維持しましょう。


Comments


bottom of page